ゴミにバーコードを!ReEarth.ASIA

ReEarth

情報室

HOME/情報室/リサイクル用語集

リサイクル用語集

  • アメリカなど海外のペットボトルのリサイクル量は?

    日米欧の2011年におけるペットボトルリサイクルの統計によると、回収率は日本が79.6%、米国が29.3%、欧州が51.0%となっており、欧米で用いられている指標の回収率で比べても、日本が高い水準...

  • フレーク、ペレット、レジン

    ペットボトルをリサイクルするため、破砕、洗浄、乾燥したものをフレークといい、プラスチック製品の材料となるフレークを都化して品質を均一化した粒状のものをペレットといい、ポリエステル繊...

  • 5汎用樹脂

    プラスチックと一言でいえば簡単ですが、材料だけを取り上げても様々な種類があります。 大きく分けて、熱を加えると堅くなる熱硬化性樹脂と、熱を加えると柔らかくなる熱可塑性樹脂に分類さ...

  • マテリアルリサイクル

    マテリアルリサイクルとは、ごみを原料として再利用すること。日本語では、材料リサイクル、材料再生、再資源化、再生利用などと呼ばれることもあります。 具体的には、使用済み製品や生産工程...

  • 5R(Reduce・Reuse・Recycle・Refuse・Repair)

    3R(Reduce・Reuse・Recycle)に 付け加える形で、「Refuse(リフューズ)」、「Repair(リペア)」を組み込んだ3Rの進化系とも言える「5R」という考え方があります。 リフューズとは、商...

  • ナフサ(naphtha)

    ナフサ(naphtha)とは、原油を常圧蒸留装置によって蒸留分類して沸点範囲がだいたい35〜180℃程度のもので、粗製ガソリンとも呼ばれています。 ちなみに、沸点範囲が80〜180℃程度のものを重...

  • ISOとは?

    各種試験法に関する国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略称です。

  • 3R(Reduce・Reuse・Recycle)

    Reduce(リデュース=廃棄物を出さない)、Reuse(リユース=再使用する)、Recycle(リサイクル=再資源化する)の略称で、廃棄物をできるだけ出さず、使用済みの物を再使用や再利用にまわそう...

  • ポリプロピレン(PP)

    プロピレンを重合させた熱可塑性樹脂です。 工業的に入手可能であり、包装材料、繊維、文具、プラスチック部品、種々の再利用可能な容器、実験器具、スピー カーコーン、自動車部品、紙幣...

  • プラスチックの原料について

    生活用品や文房具、おもちゃ、ペットボトル…私たちが日常生活で使用しているプラスチックのほとんどは、石油から作られています。 プラスチックには、大きく分けて熱可塑性樹脂と熱硬化性...

ページトップへ戻る